goodlike-story

♪ いつでもどんな時でも《前に進む道しかない》

ニューヨーク(51)

♪ 新しい年を迎え何か値上がりしそうな銘柄はないだろうかと探してると・・これはいけそうだとある銘柄を買っておいた、3ヶ月が過ぎても何ら変動もなく・その月の月末になり証券会社の担当女性から電話が来たので・なんだろうと思いつつ話を聞くと・

買った銘柄は値上がりしそうにないので買い換えたらどうですか?と言う・・そうなのか~う~ん解った、そう言われると信用するしかないのかな~じゃ~買い換えようと、売って新しい銘柄に買い換えた・・

翌日の夕刊紙を見ると・・ア~売った株が倍以上値上がりしてる、次の日も又次の日も結局3倍以上に値上がりしてた・・担当女性からはすみませんと謝りの電話はきたのはいいが・どうも納得がゆかない~友人にこの件を話すと・・

証券会社の担当は歩合制で月末決算になるという、その月の成績を上げるために電話を寄こしたようだ・これはどうも違反行為に当たるらしい、結構な利益になってたようだが責めてもしょうがないので連絡はしなかった・・こういう事もあるんだ・・

♪ 仕事は任せておけばそれなりに動くので時間はある、友人は仕事で忙しいようだし、何か学べることはないかな~旅行にでも行ってみようか・・国内は宮城・山形・新潟・秋田・岩手県以外は何かしら足を踏み入れている、じゃ~外国に行こう・・何かとニュースになるニューヨークが良いかな・・

♪ と言う訳でニューヨークへ、まだ関西空港はなかったので伊丹空港から出発➜JFK空港に到着、マンハッタンまでは当然一番安いエアトレインと地下鉄を使って移動するが、ガイドブックと照らし合わせて案内標識を見つけてはで・マンハッタンに到着する、

次はホテルだな~ガイドブックに載っていた、ごく普通のホテルに5日ほど予約を済ませて部屋に入る・やっと着いたとホッとする・じゃ~早速に街を散策しよう。

      外に出て歩き回ると街は碁盤の目のように区画されている

やはりアメリカは開拓地なんだ、植民地時代を経て1776年にアメリカ合衆国を建国しそれから都市づくりを始めたんだ・・特にマンハッタンは区画整理されている東西は約300m、南北は約60m間隔で解り易い、歩くのは得意だが見て廻るとさすがに疲れる・広くて長い・・

夜はレストランに入ったが、一人客はおいらだけで周りはほとんどカップルだった、どうやら入る店を間違えたようだ、ここは少しばかり高級店なんだ・日本の高級店とは店構えが違うのでわからなかった、それなりのモノを頼んで食べたがあまり美味しくはなかった、やはり大雑把で適当な味だった。

次の日は当時世界で最も高いビル・エンパイアステートビルに行ってみた・1931年に竣工443m・102階建て、そんな昔によくもこんな頑丈なビルが建てられたものだと驚く、子供の頃に見た一番大きなビルはデパートだったがそれと比べると月とスッポンの違いがある。

中に入るとエレベーターとかはさすがに旧式で古さを感じたが、屋上の高い所からニューヨークの街を360度一望すると小さな征服感を感じる~これは気分がイイ~

このエンパイアステートビルは日本人オーナーの時期があったようだ、1991年に赤坂のホテル・ニュージャパン所有者である横井英樹が代理人(中原キイ子・愛妾(めかけ)を介して、当時としては破格の4000万ドルで買い取ったとか・・

なんとなく行ってみたい所があった『スラム街だ』おいらの育ちからしても身近に感じる・・スラム街といえば生涯で一番好きな映画・ウエスト・サイド・ストーリー(監督もこれまた好きなスティーヴン・スピルバーグ )が思い浮かぶ。

スピルバーグの映画は第一作の激突から色んな作品を見せてもらった、彼の映画にはハートがあるので想い出として残る・素晴らしい・

それでは行ってみよう・・服装はジーンズとシャツだけで時計は外し財布は持たず、これなら大丈夫だ~『捕るものがなければターゲットにならない地下鉄に乗り当地に着いて歩いていると道端に12人程の男達が集まってガヤガヤとしてる、何かな~と覗いてみると街頭博打をやっていた。

折りたたみのテーブル上に三枚のカードを手先で動かし、印の付いたカードはどれだ?当てれば掛金の2倍になるので集まってガヤついてる、これを最初に見たのは子供の頃に下関の船着き場でやっていた・面白そうなので中にモグリ込みじっと観察した・

大人たちは上から見るが子供のおいらは背丈が低いのでテーブル上と目線が近い、カード動かす指先のテクニックが目前になるので丸解りだった・印のカードは100発100中だ・これは上から見ている大人たちには・惑わされて解らない・

この時に指先の動きとやり方をマスターしたのでおいらはうまくさばける、バーテンダーをやってる時にお客さんに何度も披露して遊んだことがある、なので参加すれば的中できたが・ここは観るだけに・・

こういうゲームは世界共通なんだと思いつつ、周囲を歩き回ったが昼間なので殺風景で荒涼としている、多分夜になると一変するんだろうが、ある程度の想像はつくのでスラム街はこれで終了・・現在は釜ヶ崎もそうだがずいぶんと治安が良くなってるようだ・

自由の女神は何処だろうと地下鉄で南端の駅に行き着き、公園を歩くと海が見えて遠くに自由の女神(フランスからの贈り物)が建っていた、無料フェリーで渡れるようだが乗り物酔いをしたくないので眺めるだけにしよう。

公園は新緑の季節で気持ちがいい・ベンチで昼寝をしてる人もいる・歩いている人を見て驚いた、冬物のコートを身につけてる人とTシャツ一枚の人がすれ違っている・他の人も服装はバラバラで色とりどりだ。

誰も気にする様子もなく素知らぬ顔で自然に歩いている、何かしらアメリカの一面を見てるような・・人は人《干渉はしない》・・ 明日はどこへゆこう・・

 

 

 

 

 

 

 

 

./*日付を消す*/.date { display: none; }