goodlike-story

♪ 知りたい・見たい・聞きたい・やってみたい・こうなった!

26) #卒業しよう・・

♪ 印刷屋さんか・・普通の印刷物ならともかく、こんなヌード写真の印刷を飛び込みで頼めることなど出来っこない、こういう時に地方出身者にはコネがない、取り合えずは友人達に声をかけることにしよう、みんなに頼んでおいた、すると3日で連絡が来た~知り合いのホステスがお客さんの中に印刷屋さんがいるんだとか、引き受けてくれると言う・・《良くある事でお客さんはホステスの頼み事はよく聞いてくれる》・・早速社長に会って頼むことにした、薄いボカシ入りとボカシなしを各1500部・注文する。

社長もバイト収入だと言って休日に輪転機を廻してくれた、その週の日曜日に出来上がったので夕方に引き取りに行くと、なんと重い・・写真用紙の重量の重さに驚いた、が、仕上げも上々で流石に本職だな~

さあ~売り込みに行かなきゃ~なんら経験も知識もないがとにかく何処かに販売しなきゃーと、、近隣の和歌山市に遊びがてらに行っては見たがローカルでアダルトショップはなかった、ん~やはり東京か~、ドライブもできるし行こう~、高速道路と一般道を走って、名古屋を通過・浜松・静岡・富士山・から熱海温泉に立ち寄り一泊する、歌で聞いた熱海温泉は思ったより小さな温泉地に感じた、翌日に新宿まで走る、何年振りだろ~昼食を取り歌舞伎町をひと回りして、通りに面したアダルトショップに入った、

店内には大人のオモチャやらヌード雑誌が所狭しと花が咲いたように賑やかに展示してある、従業員らしきおじさんが一人座っている、やはり店主は居ないんだ~、この人じゃ話は通じないけど仕方がない、商品を見せるとオ~という顔はしたが、、サンプルとして置いてきた、あと二軒は夜に行って見よう、、日が暮れて行ってみたがやはり店主は居ない<店はお任せて遊んでるんだな~>ここもサンプルだけ置くことに・・

その足で昔働いた西武新宿前の店に行く・懐かしい・中に入ると女性カウンターの店に一変していた、超満員でごった返している~、店長を呼んでもらい挨拶だけをして帰った、翌日に大阪へ戻った。

名刺も持たず・未経験で能無しの行動だと途中で気付いたが、これで喰っていくという意識がないので店主に連絡もしなかった、

〈関西では既にこの写真が売れに売れて品切れ状態の人気なので・こちらにもと・足を運んだと言えば話はついたのにね~〉

写真は知り合いの知り合いとかが原価で引き取ってくれた・・数年後に新宿の店主がビニ本として販売し大ブームが起こった・・なるほど・・ちょとだけ遊べた~

♪ 彼女の同僚ホステスが旦那共々に超ネコ好きだとか、面白そうなので遊びで見に行った、2DKの部屋で通路にも猫ケージが置いてある、何しろ14匹もいるんだ、狭くて横歩きする、部屋の中は猫の置物だらけ。箸からスリッパ衣類も猫ネコちゃん、犬も2匹いる、こりゃ~忙しい、血統書付きのペルシャ・シャム・ロシアンブルー等を飼って繁殖をしているんだとか、賞を取った猫も何匹かいる、色々とコンテストの説明を聞いて帰ってはきたが、この夫婦は本当に猫好きなんだろうか?・・檻の中に閉じこもったままの猫は幸せそうには見えず可哀そうに思えた、、

それに刺激されたのかどうか、子供の頃に番犬がいたのを思い出しポメラニアンの雄を飼うことにした・今はマンション住まいなので飼える・一匹では淋しいだろうと半年後に雌を飼った、一年後に子供ができる、コロコロとしててなんとも可愛らしい・そこから犬の能力を改めて知ることになる・・やはり動物がいると平和な気持ちになれる・・愛犬は、いまでは当たり前の二足立ち歩きが出来ていた・・

♪ 相も変わらず暇な時は潮岬・日ノ岬へと釣りには出かけてはいたが、釣った魚は今までに一度として食べたことがない、これは少年時代から続いている、最初に釣った鮒が可愛らしかった・食べる気がしない・なのに魚屋で買った魚は好きでよく食べる・なにか矛盾してる・他の人はどうなんだろうと調べてみると・いるいる・理由はよく似てる・やはりそうなんだー

♪ そうこうしているうちに、いつしか年月も経過した・昼も夜も好きなだけ遊べた・ゴルフ・スキーも行ったし、だがなんとなく空虚感がくる・

ハッと気付く・もうすぐ30才だ~いつまでもこんな暮らしを続ける訳にはいかない、卒業しなきゃ~

このまま二人で居れば甘えからは逃れられないだろう、彼女は独り立ちできるだけの能力がある、そうか~別れよう・・

彼女も金銭欲がなく一緒に住んで半年も過ぎた頃に、100万円貯まったけど、あんた使ってと言うので、自分で稼いだお金だから先々の為に残しといたらと・・言った事がある、こういう人はお金は貯まる、ましてや高級クラブに勤めている、客層も良く、色々な情報も入るだろうし、大丈夫だ・彼女ならやってゆける・

そして心情を説明し別れを納得してもらった、その時の彼女の言葉の中に、私はこの先どうすればいいんだろう?と聞くので、ビルやマンションのオーナーを目指すようにと勧めた・・

彼女は新しく部屋を探し子犬を一匹連れて引っ越しをした・・

十数年後に商工会議所の名簿の中にビルオーナーとして彼女の名前が載っている・・なんとも嬉しい・流石だやったね・・良かった!

./*日付を消す*/.date { display: none; }