goodlike-story

♪ 知りたい・見たい・聞きたい・やってみたい・こうなった!

自由奔放な人生が始まった(21)

これからは時間とお金に困ることがなく好きなことが出来るんだ・・さあ運転免許を取りに行こう。

取得には一発試験(飛び込み)が最短でお金がかからないと知ったので友達二人を誘い三人で受験に行った、最初に視力等の適性検査を受け学科試験も無事に合格(友人一人は不合格)する、次回の実地試験を申し込んで帰る際に試験場前に練習場があるのを知ったので翌週の試験日は早めに行き練習場で30分練習をして実技試験を受けることにした、練習を終え場内の予定コースを歩きながら各所要点を記憶する。

順番待ちの時に周りからの会話が聞こえた、どうやら一回目での合格はないらしい、中には10回以上も通ってる人も結構いるんだ、なるほどー、

本番では前の人が運転する際に後部座席に二人乗せてくれたのですごく参考になった。この日の一回目は当然の如く不合格だったので次回の申し込みを済ませて練習場で60分乗って帰った。

二回目も30分練習をして挑んだが不合格に・・これも折り込み済みなので気にはならない・その日も60分練習をして帰る。

三回目だ~今日は絶対受かるぞと言い聞かせて又30分間の練習を済ませ、いざ試験場へと・・

f:id:goodlike-ryusei:20210912133939j:plain

この時も前の人の運転を後部座席でじっくりと観察をする、一人目は下手だったが、二人目は上手かった、でも落ちた、彼は首を傾げて納得がいかない表情をしてたが、おいらはなんとなく理解できた、彼は上手だが同乗してる時に安心感が持てなかった、運転が忙しすぎるのだ・・

ヨーシ、乗車してる人にショックを与えないようにするにはアクセルとブレーキを滑らかにスムースな運転を心がけよう、、結果合格だった、、やったね~。

免許証取得迄26日・・交通費も含めて¥9000で収まった、友人は6回で合格・もう一人は学科が苦手だったので教習所で免許を取得した・

早速中古のスカイラインを買って彼女を乗せてドライブに出かける、三ヶ月後に新車の2ドアギャランを買う、近畿一円から富士山へとドライブや自由気ままな人生がスタートした、不自由だった少年時代と真逆現象が起きてると感じる。

魚釣りは過去に一度だけ行ったことのある本州最南端の潮岬へと、深夜早朝に岬に着けば当日の釣り客が休憩所で待機している、やがて懐中電灯を持った船頭さんの誘導で夜明け前の岸壁を下りれば12人乗り位の渡し船3が停留していた、釣り客はそれぞれの船に乗りその日の夜明け時刻の合図とともに船は始動する。

二人しか上がれない小さな磯もあれば20人以上も上がれる磯もありその時の希望や都合で各磯に上がらせてもらう、

薄暗かった岩磯に少しづつ朝陽がさしてくる、、太平洋の地平線と夜明けの光景を眺めながら海面に釣り糸を落とす・至福のひとときを味わう・いつしか此処の常連客になって行った・・

普段時間を余してやる事がない日は地下鉄で梅田に行き、難波までの御堂筋4kmをのんびりと歩きながらビルを眺め行き交う人間模様を観察したりでなんとなく世の中を垣間見た気分を楽しんだ。

毎日の如く難波に出かけては散策しながら食べ歩きをするので目につく店はほとんど食べ廻った、TVでマッタケが話題になっていたので近くの商店街に行き¥16000の大盛りマッタケを三日間で食べる、この頃はキャビアも天然物が出回っていたのでひと瓶を食べつくす、以前にも伊勢海老や生カキを大量に飽き食いさせては、これで一生欲しいとは思わないだろうと言い聞かせ食したこともあった。

時間を持て余し一人孤立してしまうので遊び仲間を作ることにしようと、彼女のいない友人を飲みに誘って彼女ができるように仕掛けたり、女子寮のある洋酒喫茶に一緒に働きに行こうと誘って彼女を介したりで、友人5人の彼女達をクラブに紹介した。

いつのまにかおいらは悪友になってしまったが、この中に一生の伴侶となった友人もいたりで・・人の縁は解らないもんだな~・・これで遊び仲間が出来た・・

./*日付を消す*/.date { display: none; }