goodlike-story

♪ 知りたい・見たい・聞きたい・やってみたい・こうなった!

夜遊びにふける(36)

♪ 日々繁華街を出歩く中でまず最初にやることは靴磨きだった、今では道路交通法違反で排除されてしまったが当時は商店街の中でおじさんが折り畳み椅子に座り靴磨き道具を脇に置いて客待ちをしていた。 15分程の靴磨きで1000円は今考えると結構イイ儲け…

遊びの中から世の中と人を知る(35)

♪ この頃から勤めていたころの収入と自営の格差を知ることになった、毎月車が買える収入があればやる事は遊びしかない、それも勝手知ったる水商売ならば自然と飲み歩きに足が向いて行く・なりゆきかも・・ 大阪はラウンジやクラブも一見さん(初めて)でも入…

マルチ商法のセミナーだった(34)

♪ 男性の願望なんだろう・一度は愛人なるモノを囲ってみたい・そんな思いを抱いて色んな職業の男性が足を運んで来た、やってみなきゃ解んねえもんだな~ 勤めていた時の給料以上の金額を女性に使う、世の中にはそういう人達が結構いることもこの時に知る、こ…

愛人バンクをやってみた(33)

10年勤められたことに感謝をし・・さあ~何をしようかな、久しぶりに友人の顔を見に行こうと札幌からの友人に会いに行った、偶然にも彼も休職中だった。 へえ~どうしたの・ホストは辞めて今はその時に知り合った女性と暮らしてるという、とりあえず近くの…

やっと10年間勤めることができた(32)

♪ディスコは当然ながら女性客も多い、今まで夜の仕事をやってきて感じてきたことの一つに、女性は9のつく歳『19才・29才~49才』とかは活発になる・・大台に乗る前に遊んでおこうと・・次の0は一気に10も歳を取るように感じるようだ、これは男性と…

その人は偉い人だった(31)

♪ ディスコのお客さんは当然の如く若い人で賑わいを見せる、その中に無縁の雰囲気の人がいた・・見るからに土木建築業の社長そのものだったが、やはりそうだった、その人が話しかけてきた。 ここに来たのは某ホテル内に会員制スポーツクラブがあって、そこの…

モノの価値観は人によって異なる(30)

♪ ディスコは順調だしDJも慣れて楽しい~,毎日がウキウキ気分のある日、プロダクションの招待でフィリピンに行くことになった、目的はフィリッピンバンドのオーディション見学だとか・・ 初めての海外だー、主任と二人で機上から雲を眺めながらマニラ空港に…

人のふんどしで相撲を取る人だった(29)

♪ ディスコに勤め始めの頃だった、23歳になっていた弟が来阪して来た、今から調理師を目指したいので何処か働く所はないだろうかと言う、食い倒れの街大阪で学ぶことに決めたらしい・・そうか~とりあえず調理のチーフに話を聞いてみることに・・ チーフ曰…

喧嘩が始まる(28)

♪ それにしてもフィリピンバンドの給料は安かった、バンドリーダーに聞くと手取りは¥5000~¥10000円だという、6人のメンバー総額でも5万円で足りる、プロダクッションのピンハネってすごいな~と感じる、こりゃ悪業だ~往復の飛行機代や諸経費…

ディスコだった ♬ 楽しい ♬(27)

♪ 今日から一人生活がスタートする、甘えは終わった! 自立しなきゃ~<前進あるのみ>即仕事探しだー、まだ夜の仕事に未練が残っている、取りあえず出かけよう、以前に働いていた宗右衛門町の洋酒喫茶に遊びに行く、経営者も替わり・そこはディスコ風に様変…

卒業しよう・ヒモ生活(26)

♪ 印刷屋さんか・・普通の印刷物ならともかく、こんなヌード写真の印刷を飛び込みで頼めることなど出来っこない、こういう時に地方出身者にはコネがない、取り合えずは友人達に声をかけることにしよう、みんなに頼んでおいた、すると3日で連絡が来た~ 知り…

フリーライフ(25)

♪ 1970年・大阪万博博覧会が開催された、先端技術・未来型都市空間・パビリオン・岡本太郎創作太陽の塔・三波春夫の万博音頭と華やかに賑やかにオープンした、 さっそく行ってみた、広い駐車場はすでに満車状態で入口から人人の密集で溢れかえっている、…

世の中にはこんな人もいるんだ(24)

洋酒喫茶で働いていた時の後輩・よっちゃんが天下茶屋の駅前に小さな喫茶スナックをオープンするという、 あ~そうなのか、じゃ無給で手伝うよと声をかけた、彼のお姉さんが資金をだすらしい、お姉さんには山さんと言う50歳位の旦那さんがいた、この山さん…

競馬場通い(23)

場外馬券場で馬券を買った、暇と遊ぶお金があればギャンブル場へと足が向かうのは男の常なのかも・・最初に馬券を買ったのは20歳の時だった友人が言うには、シンザンの馬券を買えばお金が儲かるらしいと誘われ、モノは試しと馬券を買ったがそんな時に限っ…

ワクワクと楽しい一日だった(22)

遊び仲間もできたので時間があれば麻雀に明け暮れた、それまでにやったトランプや花札とは違い断然の面白みがある・やり出したら止まらない・世の中にこんな面白いゲームが有ったのかと感じる、麻雀の麻は麻薬の麻だと言うが正にその通りだった。 麻雀仲間が…

自由奔放な人生が始まった(21)

これからは時間とお金に困ることがなく好きなことが出来るんだ・・さあ運転免許を取りに行こう。 取得には一発試験(飛び込み)が最短でお金がかからないと知ったので友達二人を誘い三人で受験に行った、最初に視力等の適性検査を受け学科試験も無事に合格(…

博多に戻ったら(20)

♪博多に行くにしてもアパートの家賃が問題だなー、部屋を持っていない友人に頼んでみよう。 良かった、、家賃持ちで住んでくれることになった・肩の荷が下りた・部屋には熱帯魚を飼っていたので餌やりと水補給を頼んでおいた、これで安心だ。 新幹線は料金が…

店内での出来事(19)

さあ~仕事を探そう~何処でもいいや・・ 新歌舞伎座の裏を歩いていると古い小さなビルに募集の張り紙があった、地下1階に降りてスナックのドアーを開くと、7席だけのカウンターに20代後半で着物姿のママがいた、クラブ上がりで始めて自分の店を開くよう…

同棲生活が始まった(18)

今日は初デートだ・・ウキウキしながら鏡に見入る・・約束の喫茶店で会って付き合いはスタートした・・毎日がごきげんだ~、ひと月後に引っ越しをすることに、二人で住むには生活に便利な所をと鶴見橋商店街内にあるアパートに決めた、家賃7000円、引っ越し…

行き当たりばったり(17)

やっと解放されて大阪に戻ってはきたが仕事が無い、どうしょう・・そう言えば幼馴染の同級生が京都の西京極に居ると言ってたな~、行って見よう、 彼はお姉さん夫婦の所に住み仕事は商品の配送ドライバーをやっていた、久しぶりに会えて笑いながら会話が出来…

トラウマ(16)

中二から三年間に家庭内にも変化があった、義父の次男も結婚することになり近くに100坪超えの倉庫兼自宅を建てた、中央区清川に200坪超えの土地を買い、風呂屋も開業した、これを担保に春吉に二軒のラブホテルも開業する、長男の嫁の兄弟二人も面倒を見る…

ボクシングを始めた(15)

中学二年と三年生の時に知能テストが行われた、何だろうと思ったが、やると学力テストよりも簡単で面白かった、単純な計算とかに始まり徐々に難解になってゆく、先生の初め~!のひと声からスタートする、隣の人の答えを見てはイケないとか言うけど、速くや…

サバイバル・ジャングル(14)

7月に入り日差しの強い日だった、家から300m程のところに100mx150mの広い敷地があった、そこはボウボウと雑草や木が生い茂って草むらのジャングル状態になっていた、周囲は金網で囲まれている、とりあえず一周してみることにしよう。 一番離れた角端の…

中学生になった(13)

カバンを片手に真新しいつめ入りの学生服を着て中学校に行く、各小学校からの集合体になり全クラスは13組:総数は700名もいる、今とは大違いの生徒数だ、僕は一年2組:男子53名のクラスで小学校の同級生は地域外になり誰もいなかった。 中学に入っても勉強は…

小6の夏休み~(12)

夏休みが来た お母ちゃんに手をつながれてお母ちゃんのお兄さんの所へ一緒に行くことになった、山口県の小野田市だという、いつも肩身の狭い思いで過ごす僕を察してくれたのだ。 蒸気機関車に乗った、動き始める時にシュッシュッと下から水蒸気を出しながら…

お母ちゃんありがとう(11)

僕が家業を手伝うようになったのは5年生の頃から・・トラックで積んできた合金や鉄を投げ降ろした際には散乱する、次の荷降ろしのために置き場をつくっておくようにと義父の指示でやるようになった・・ 次の荷降ろしの時に整頓されているので仕事がやり易い…

地獄の虐待が始まった(10)

小学5年生・この頃から地獄を体験することに・・ 昼間、従業員3名は中古の1トントラックで納品物を回収に出廻り、お母ちゃんは3Km程先まで歩いて買い物に出かけている、義父と二人だけになる・・家の前の道路脇に幅2mほどの小さな川があり、柳の木が立…

風呂場の釜焚き(9)

今日から釜炊きをやらなきゃ~ 6年前だったかな~この港町で銭湯を始めたのは、義父が言ってたもんな~ここには港湾労働者が多く働いている、仕事を終えれば風呂に入りに来るから、銭湯はやってゆけるはずだと・・そして本業とは別に銭湯を始めることになっ…

高級クラブで100万円使うお客さん(8)

北新地のクラブ 大阪に戻って来た、北区兎我野町に同級生がアパート借りているのでシェアすることに、さあ~今度は何処で働こうか、、10数分ほどの歩行圏内に北新地という高級クラブ街がある、どんなところか行って見ようと昼過ぎに散策に行く、縦長の長い…

札幌だ~すすきの(7)

上野駅ー札幌間は遠い道のりだった、青森港から今はない青函連絡船で函館港へ、そこから札幌駅へと合計22時間以上は要した、これだけ時間がかかる『北海道』は遠い地の果てだと思ってた、そんなところへ行けるんだ、ワクワク夢気分で心は踊る・・列車内では…

./*日付を消す*/.date { display: none; }